Today's Topics

相馬農業高校

南相馬市との連携協定締結!

 この度、本校が南相馬市と相互の連携及び協力に関する協定を締結しましたことをお知らせいたします。

 6月13日(木)、「相互の連携及び協力に関する協定書」に双方が署名をし、無事に締結が完了しました。南相馬市が県立高校と連携協定を結ぶのは初めてとのことです。相馬農業高校にとって大変光栄なことであり、心より感謝申し上げます。ありがとうございます。

 連携協定締結式は南相馬市役所にて行われました。南相馬市 門馬和夫市長と本校の志賀勲校長との間で協定書が署名・交換されました。

 写真提供:南相馬市

 写真提供:南相馬市

 

 連携協定締結式には来賓として、南相馬市教育長 大和田博行様、南相馬市議会議長(本校同窓会長)平田武様にもご出席いただきました。お時間を作っていただき、誠にありがとうございました。

 

 本協定は、国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の執行・継承に関連して、今年度、相馬野馬追執行委員長である門馬和夫南相馬市長の騎乗馬として本校馬術部ブリジャール号を提供し、その綱を引き誘導する仲間(ちゅうげん)という役付きでの馬術部員2名による参加・協力、本校生徒の一般騎馬武者や行列等への参加がご縁となって協定締結となりました。

 

 本校及び南相馬市が連携・協力することにより、本校生徒に対する地域の特色を活かした人材育成と本校の魅力化・特色化を図るとともに地域社会の発展に寄与することを目的とする内容です。この目的を達成するため、下記の事項について連携・協力して取り組むことになりました。

(1)国指定重要無形民俗文化財「相馬野馬追」の執行・継承に関する事項

(2)学校教育・生涯学習・文化の振興のために行う活動に関する事項

(3)地域社会との協働に関する事項

(4)郷土芸能伝統継承活動に関する事項

(5)その他、相互に連携・協力することが必要と認められる事項

 

 相馬野馬追の執行・継承に向けた南相馬市が人材育成として目指す方向性は、本校が長く取り組んでいる「郷土芸能伝承活動」や、「地域課題探究の学び」との繋がりを感じます。特に地域の伝統文化の継承を通じた学びは、本校の目指す学びの方向性と重なるものであり、この連携を通じて、本校教育活動のより一層の充実と発展を推進したいと考えています。

 主な取り組みは、これまでも南相馬市と連携・協力してきた内容が中心になりますが、引き続き、地域との連携や協力を深める中で、生徒の生きる力や郷土を愛する気持ちを育むとともに、生徒が将来、被災地の復興を担い、地域活性化に向けて大きな力となってくれることを願っております。

 本連携協定締結に向けてご尽力くださいました皆様に、心より御礼申し上げます。

ベゴニアを定植しました!!!

 5月31日(金)、流通実践室横の植栽の一角に、ベゴニアを定植しました。このベゴニアは、本校生産環境科、草花部門の生徒が栽培したものです。

 雨天ではありましたが、最後まで集中して作業を行うことができました。作業終了間際には雨も上がり、生徒たちは出来上がった花壇を誇らしげに眺めていました。

令和6年度壮行会が行われました!

 地区大会、県大会を勝ち抜き、インターハイ県大会、東北大会に出場する選手壮行会が行われました!

 生徒代表と校長先生からの激励のメッセージの後、各チームの代表が各種大会で精一杯闘うことの決意表明がありました。全校生で応援歌や校歌を歌い、学校全体で心を一つにしました!

 相農生らしい、粘り強く最後まで諦めないプレーを期待しています!

勝利へトライ!相農生!!!

 

お祝い 【馬術部】相馬野馬追に参加・協力してきました!

5月25日(土)~27日(月)に国の重要無形民俗文化財に指定されている相馬野馬追が開催されました。

本校馬術部からは南相馬市長門馬和夫執行委員長の騎乗馬としてブリジャール号を提供するとともに、行列の進行を支える仲間(ちゅうげん)を3年生部員が務めました。

また、2年生部員3名が騎馬武者として甲冑に身をかため、旗指物を風になびかせながら威風堂々雲雀ヶ原祭場地に進軍しました。

この度の野馬追の参加にあたり、馬装やリハーサル等ご協力いただいた全ての方々に感謝申し上げます。

本校馬術部では、今後も地域の伝統文化である相馬野馬追の伝統継承のために貢献していきたいと思います。

 

【馬術部】大会結果報告

馬術競技において、5月3日(金)~5日(日)に高校総体県大会が、

5月10日(金)~12日(日)に県総合スポーツ大会がどちらも南相馬市馬事公苑を会場に開催されました。

県大会では冬から春にかけての地道な基礎練習の成果が発揮され、各種競技で優勝することができました。

また、総合ポイントで争われる学校対抗でも男子総合・女子総合ともに優勝することができました。

貸与馬団体障害飛越競技 第1位 伊東成吾(3年)・薄井我光(3年)
貸与馬男子初級障害飛越競技 第1位 小林海斗(2年)
貸与馬女子初級障害飛越競技 第1位 横山帆香(2年)
貸与馬男子中級障害飛越競技 第3位 薄井我光(3年)
女子ジムカーナ競技 第1位 田仲永愛(2年)
総合成績男子 第1位
総合成績女子 第1位

県総合スポーツ大会でも、各自が練習の成果を発揮するとともに、ブリジャール号の活躍もあり、優秀な成績を収めることができました。

小障害飛越競技Ⅰ 第1位 小林海斗(2年)ブリジャール号
小障害飛越競技Ⅲ(少年の部) 第1位 小林海斗(2年)ブリジャール号
               第2位 伊東成吾(3年)ブリジャール号
ジムカーナ競技 第1位 田仲永愛(2年)ブリジャール号
        第3位 鎌田涼香(1年)ブリジャール号

全国大会の切符をかけた東北大会は6月7日(金)~9日(日)に同じく南相馬市馬事公苑で開催されます。

大会までわずかな期間ですが、さらなる騎乗技術の向上と自信をつけて本番に臨みたいと思います。

 

 

前庭にアベリアを植栽しました!!

環境緑地科2学年、造園班の生徒が実習でアベリアを植栽しました。

アベリアは、スイカズラ科ツクバネウツギ属の常緑低木で、和名はハナツクバネウツギとされており、国内では広く庭園等に植栽されています。

授業で学んだ知識を生かして、アベリアの苗木を1本1本丁寧に植えつけていきました。

たっぷりと水を与え、作業は終了しました。秋にはこの場所できれいな花を咲かせることでしょう。

 

令和6年度学友会総会が行われました!

 本校では生徒会の組織を学友会と呼んでおり、その定例総会が行われました。全校生徒が一堂に会し、今後の学校行事や農業クラブの活動の計画や予算案などの審議を行うなど、大切な会となりました。

 また、学校生活に対する生徒の要望や提案は、事前にクラス内で話し合いをする機会を設け、学友会で集約し、総会で回答する形式となりました。全ての議事が拍手をもって承認され、新年度の学校生活が改めて動き出しました!

 本総会は主権者教育の一翼も担っています。相農生は今後も、今ある状況に考えや意見を持ち、生活を送っていきたいと思います!

校内研究発表会が開催されました!

5月8日(水)、本校視聴覚室において、農業クラブ校内研究発表会が開催されました。日頃のプロジェクト学習の成果をそれぞれの専攻班が発表し、昨年以上に充実した発表会となりました。

各分野で代表に選ばれた専攻班は、6月11日(火)から須賀川市市民文化センターで開催される福島県学校農業クラブ連盟意見研究発表会に出場します。

【生産環境科 作物専攻班】水稲の種まき

4月16日(火)、今年度、大木戸水田で栽培する水稲(天のつぶ)の種まきを行いました。

  

  

今後は、5月に予定されている田植えに向けて、育苗管理を行います。

実りの秋を無事迎えることができるように、丹精込めて栽培していきます。

和牛セリ「夏希」出荷!

 4月9日(火)に本宮家畜市場で開催された和牛セリに本校の育成牛「夏希」を出荷しました。

 夏希は、令和5年6月10日産まれの温和で人懐っこい牛です。前日に丁寧にブラッシングやシャンプーを行い、気持ちよさそうな様子でした!総体重は334kgと大きく成長してくれました。       

 生徒たちは元気の良い挨拶をし、630,300円と良い値段で取引することができました。

    

夏希!違う場所でも元気に大きく育ってね!