日誌

相馬農業高校

了解 【イノベ農業人材育成事業】7月より牛温恵運用開始!! 産まれた仔牛たちも順調に成育中!!

 福島イノベーション・コースト構想事業により、昨年度から畜産部門に導入された分娩監視装置「牛温恵」を、7月より運用開始しております。

 この「牛温恵」は、分娩予定前の膣内に体温センサーを装着することで、母体の体温変化をグラフ化、及び分娩前兆候の一つである体温の一定期間の低下を数値から読み取り、メールを送ることができる装置です。

 導入当初は、「メールがうまくこない」「体温センサーの挿入が大変」など課題がありました。

 しかし、3度目のトライであった「なみ号」での運用にて、はっきりとした温度監視グラフの変化と機器使用の要領を得ることができました。

体温変化グラフ

 

 また、日中に無事故分娩となり、元気な仔牛♂が順調に成長しております。

その際、貴重な分娩映像を撮影できるなど、今後の運用における活用方法の広がりを感じました。

 

「由希♂」です!よろしくね!

キラキラ 体験入学を開催

 8月19日(水)体験入学を開催しました。中学生は、「生産環境科」、「環境緑地科」、「食品科学科」を体験学習しました。アンケート集計からも好評でした。中学生のみなさん、「夢」を持って相馬農業高校に入学してください。

了解 アーク溶接特別講習会が開催されました

 8月5日(水)~7日(金)、本校機械室にて「アーク溶接特別講習」が開催しました。作業場の中はとても蒸し暑い環境でしたが、受講者は真剣に取り組み、「アーク」を発生させながら、きれいに「ビード」を形成させていました。

 

鉛筆 PTA視察研修

 7月29日(水)、PTA視察研修を行いました。今回は、参加者をPTA進路委員会の皆さまに限定し実施させていただきました。

 午前中に「テクノアカデミー浜」、「株式会社シマ商会」、午後に「友伸エンジニアリング」、「丸三製紙株式会社」を視察させていただきました。企業の皆様からは、丁寧な説明や案内をしていただき、生徒の進路選択の幅を広げるために大変参考になりました。PTA活動の御理解と御協力をいただきまして、ありがとうございました。今後は、生徒の進路実現のために、さらに努めてまいります。

虫眼鏡 トウモロコシ収穫

 7月28日(月)、「農業と環境」の授業で、トウモロコシの収穫と販売を行いました。長雨で品質が心配されましたが、なかなかの出来のよいトウモロコシがとれました。1年生は、一生懸命に収穫の作業を行い、400個以上のトウモロコシを無事に販売することができました。

 

家庭科・調理 1学期終業式が行われました

 7月22日(水)に1学期終業式が行われました。

 新型コロナウイルス感染症の影響により、今学期は長い休校期間の影響がありましたが、新しい生活様式の中で様々な経験を積み、生徒の皆さんは健康や命の大切さ等、あらためて深く考えながら過ごせたのではないかと思います。

 ぜひ、夏休みも大切に過ごしてほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

音楽 御神楽の撮影が行われました!

 7月21日(火)に第44回全国高等学校総合文化祭に出場する御神楽の動画撮影が行われました。全国高文祭に向けて、授業時間や放課後などの限られた時間を利用して、練習を行ってきました。

 今回撮影した動画は、8月上旬にネット上にアップロードされる予定です。

 

 

 

 

 

興奮・ヤッター! 第2回の相農ショップが開催されました!

7月16日(木)に今年度、第2回目となる相農ショップがオープンしました。

食品科学科で製造したトマトジュースや農場のICT温室で栽培したパプリカが好評ですぐに完売してしまいました。第1回目の相農ショップは、3年生が担当しましたが、今回は2年生の生徒が担当しました。不慣れなところもありましたが、一生懸命に取り組んでいました。

今回の相農ショップの様子です。↓↓