日誌

カテゴリ:進路指導部

期待・ワクワク 「農業を憧れの職業にしてほしい!」1学年進路講演会が実施されました!

 6月2日(水)、1学年で進路講演会が実施されました。

 外部講師として、設楽農園の設楽哲也様をお招きして、講義をしていただきました。

 設楽さんは、キュウリや里芋、ネギ等を育てており、SNSでの情報発信も積極的に行っています。

 高校卒業後、農業関係の仕事に就きたいと考える生徒が少ない中、「農業を憧れの職業にしてほしい!」と設楽さんは言っていました。多くの生徒が、今まで以上に農業に興味をもつことができたと思います。設楽様、ありがとうございました。

鉛筆 2学年「上級学校見学会」を実施しました

 6月2日(水)、2学年を対象とした「上級学校見学会」を実施しました。

 今年度は福島県・宮城県の短期大学や専門学校を中心に学科毎での見学となりました。

 これは高校生活の早い段階で上級学校を見学することで、将来の職業選択等進路研究に役立てようと毎年行っている進路行事です。

 生徒は、施設が充実していることや、自分で専攻科目を選択してカリキュラムを立てられることなど、高校との差異に驚いているようでした。この見学会を契機に、進学を希望している人は、オープンキャンパス等に参加するなど、進路決定に向けた準備を進めてほしいと思います。

第1学年進路ガイダンス

 3月17日(木)、1年生の進路ガイダンスが開催されました。就職希望者や進学希望者と別れて、ガイダンスを行いました。専門学校も各業種や職種にきめ細かい説明をしていただきました。

 1年生のみなさん!働くことの意義を考えて、自らの進路を選択しましょう。2年生のうちから必要なスキルやコミュ二ケーションを身につけてください。進路活動や早ければ、早いほど自ら希望する進路実現になります。

3学年「進路講演会」・「スーツ着こなしセミナー」

 2月12日(金)、3年生が久しぶりに登校しました。今日は「進路講演会」として、タニコー株式会社から「大橋 直之」様をお招きし、社会人としての心構えや準備について講演していただきました。

 また、「スーツ着こなしセミナー」では、株式会社コナカから「川崎 朗」様をお招きしまして、正しいスーツの着こなし方や手入れ、ネクタイの結ぶ方を講話していただきました。

 「進路講演会」では、「あいさつ」や「態度」、「声の元気さ」、「話し方」、「話の内容」など数多くのことを学びました。「着こなしセミナー」では、入学式や入社式で着るスーツのことについて学びました。第一印象は、「服装」・「あいさつ」・「態度」で決まってしまいます。

 3年生のみなさん!この自宅自習期間内に、社会人になる準備をしてください。今日、すべきことは、明日に延ばさないこと。期日中に万全な準備し、堂々と社会人となる一歩を踏み出してください。

 

NEW 主権者教育(出前授業)の開催

 12月23日(水)、福島県選挙管理委員会から講師をお招きし、3年生を対象に「主権者教育」の講演会が行われました。若者が有権者として政治に参加するための政治的教養のお話しをいただきました。

 政治や選挙は、日常生活に大きく関わります。3年生のみなさん、社会で起きている出来事について自ら考え、主体的に行動できる人になりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

NEW 職業インタビュー発表会【1学年】が行われました。

 1学年では進路行事の一環として、地元企業や施設の協力を得て「職業インタビュー」を実施しております。

 生徒たちはこの機会に、訪問のアポイントをとる際の電話のかけ方や、インタビューの仕方、何より様々な職場や職業での働き甲斐や、大変さ、楽しさ、企業の特徴などを学ばせていただいたようです。

 本日は、このような生徒一人一人の学びを全体に発表する発表会を行いました。

 生徒たちは自分の学びのふりかえり、そして同級生の学びをしっかりと聞いていた様子です。

 会場を分けての発表となりましたが、この経験をこれからの進路選択や、学校生活に活かしてほしいと思います。

  

 最後に。職業インタビューにご協力いただいた地元のみなさま、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

NEW 進路講話「正しいコミュニケーションのあり方について」

キャリアコンサルタント 斎藤郁子先生をお招きし、3年生を対象に進路講話が開催されました。

5校時目、学年全体で、寸劇を交えながら、正しいコミュニケーションの方法についての講話がありました。

6校時目、寸劇を基にしたそれぞれの場面について、一人一人の意見や感想をグループでまとめる活動を行い、最後に意見をまとめ発表を行いました。

この活動を通して、生徒の皆さんは、社会に出たときの一場面がイメージしやすく、正しい対応のあり方について理解を深めることができたと思います。

 

鉛筆 「租税教室」が行われました。

 11月18日(水)、3年生を対象に税理士 三浦 由美子様、森 俊雄様のお二方をお招きして、租税の意義や役割についてお話しいただきました。

 本日の内容にもありましたが、我が国では約50種類の税金がありますが、それでも深刻な財政赤字となっています。支出として大きく占めているのが社会保障(医療・年金・福祉等)です。

 3年生のみなさんは、社会人となりましたら「納税者」となります。この機会に租税の意義や役割、日本の社会や国の在り方を真剣に考えてみましょう!

 

NEW 2年生「インターンシップ」

 2学年の生徒は、11月4日(水)から6日(金)の3日間、「インターンシップ(職場体験)」に参加しました。この3日間は、あらためて自らの進路を真剣に考え、主体的に取り組むことができた体験学習であったと思います。

 3日間のインターンシップについて、地元企業の皆様方、御協力いただきました諸団体の皆様に大変お世話になりました。本当にありがとうございました。