日誌

相馬農業高校

二学期終業式

 長かった二学期も本日で終了し、冬季休業になります。文化祭やインターンシップ、修学旅行など様々な行事がありましたが、積極的に取り組めたでしょうか?そこから得たものは何だったでしょうか?しっかりと振り返り、良い新年を迎えていただければと思います。なお、冬季休業を過ごすに当たり、以下のお願いをします。
 ①世の中で起こっていることに関心を持ってください。
 ②スマホばかりいじるのではなく、本を読んでください。
 ③家族の方と話をしてください。
 ④命を大切にしてください。
 有意義な冬休みとなり、みんなが元気よく、笑顔で新学期を迎えられることを願っています。

冬季校内球技大会終了!

 今年度から夏冬2回開催(1回1日)となった校内球技大会の冬季大会が、終了しました。冬季の種目は、男女ともバスケットボールでした。体育館の中はとても寒かったですが、それを吹き飛ばすように全力でプレーする姿が見られました。優勝は、男子が環境緑地科三年Aチーム、女子が食品科学科1年Aチームでした。優勝したチームは教員とのエキシビジョンマッチも行われ、大変盛り上がりました。

3学年保健講話

 福島県相双保健福祉事務所の方を講師にお招きし、保健講話を実施しました。「こころを元気にする生活」と題して行われた今回の講話では、これから社会に出たときに抱えるストレスをどのように解消するか、健康なこころを作るポイントなどを教えていただきました。ストレッチ方法などを教えていただき、実際に行ってみると体が軽くなり、リラックスしていくのがわかりました。今回の講話を生かし、社会に出てたときに役立てたいと思います。

フレッシュ農業ガイド講座

 福島県相双農林事務所主催のフレッシュ農業ガイド講座が行われ、地域で活躍する農業青年者の圃場を見学させていただきました。今回は鹿島区の(株)ひばり菜園とKAYANOKI FARM、就農のきっかけや、農業を行っている上での喜びや苦労など様々なお話を聞くことができました。また、スマートフォンを利用した温室制御や点滴潅水などの最新設備を見せていただくことができ大変勉強になりました。今後の農業を考える良いきっかけとなりました。

職業インタビュー

 一年生が職業インタビューを行いました。地域で事業を営んでいる企業の皆様に、仕事内容や就業したきっかけ、やりがいなどをお伺いしました。質問は緊張しましたが、その中で職業観を広げることができました。今後の進路活動に、生かしていきたいと思いました。お忙しい中、ご協力いただいた企業の皆様に感謝申し上げます。

インターンシップ報告会

 先月行われたインターンシップの報告会が、行われました。体験した内容や感想を2分という限られた中で発表し、お互いに意見交換をしました。体験した中で特に、「コミュニケーションや挨拶が大切である」ということを全員の生徒が発表していました。来年にはそれぞれの進路活動が控えています。この経験を生かし、進路活動につなげていければと思います。

【テレビ出演予告】サタふく「ふくしま調査隊」

 先日行われた小高中学校とのキャリア教育の様子が、サタふく「ふくしま調査隊」で放送されることになりましたのでお知らせいたします。

 放送日:12月10日(土)
 放送局:福島テレビ(FTV)
 番組名:「サタふく」内 「ふくしま調査隊」

 是非ご覧ください。

エイズ防止啓発ボランティア

 南相馬のイオンスーパーセンターで行われた、エイズ防止の啓発ボランティアに参加してきました。今年のキャンペーンテーマは「知っていても、分かっていても AIDS IS NOT OVER」で、この現状を多くの人に知ってもらいたいと願い、資料を配布しました。今回のボランティア活動を通じてエイズに対する知識を深め、蔓延防止につながればよいと思いました。

学友会任命式

 先日行われた選挙で当選した、新学友会役員の皆さんに対する任命式が行われました。旧役員からの挨拶が行われた後、新役員が抱負を述べました。地域に愛される良い学校となるよう、役員を中心として、学校全体で頑張っていければと思います。

消防訓練

 秋の消防訓練が行われました。今回は天候にも恵まれ、グラウンドに避難を行いました。福島県浜通りは先日も大きな地震があり、津波警報が出ました。火事や地震などの有事に備えて訓練をしておく重要性を感じました。

ミカンをいただきました!

 愛媛県立宇和高等学校の皆様より、今年もミカンをいただきました。早速、頂いたみかんを頬張り、期末テストで疲れた脳が、リフレッシュしていくのを感じました。教室には甘酸っぱい良い香りが漂っていました。
 皆様の温かいご支援、お心遣いに感謝申し上げます。

ふくしまから元気を発信!~ふくしま復興マルシェ~

 11月17日~20日にかけて、東京日本橋ふくしま館MIDETTEにて、ふくしま復興マルシェが開催されました。ふくしま復興マルシェは、県内の農業・水産高校の商品の販売を3日間にわたり行い、福島県の食の魅力と安心・安全をPRするもので、本校は食品科学科の1年生3名が、11月19日(土)の販売に参加しました。相馬農業高校の商品だけでなく、県内の農業・水産高校の商品について前日から研修を行い、当日は元気よく販売を行いました。生徒にとって貴重な経験となり、福島県の若いパワーを東京の方々にPRすることができました。

キャリア教育in小高中学校

 先日行われた小高中学校での学校紹介に続き、本日は小高中学生が本校へ訪れ、授業体験を行いました。希望する各学科に分かれて説明を聞いた後、実際に実習を体験しました。生産環境科では牛のブラッシングと野菜収穫、環境緑地科では造園管理、食品科学科では和菓子の製造を行いました。これをきっかけに農業に興味を持っていただき、進路活動を考えるうえでの一助になればと思います。

一学年マナー講座

 来月行われる職業インタビューを前に、一学年を対象としたマナー講座が行われました。挨拶や仕草、社会人としてのマナーについてお話しいただき、信頼と好感を与えるための行動について考える良い機会となりました。社会に出るための一歩として、今回の講座を踏まえ、頑張っていきたいと感じました。

学友会立会演説会・選挙

 学友会の立会演説会と選挙が、行われました。どの候補者も今後の学校生活をよくするための抱負を述べ、有権者もそれに答えて真剣に選挙を行うことができました。即日開票され、立候補者全員が信任されました。

相農祭終了!

 10月29日(土)、10月30日(日)の二日間、相農祭が行われました。初日は芸能発表で、体育館一杯になるくらいのお客様に来場いただき、芸能をご覧いただくことができました。どの部門も例年以上に息ピッタリに披露することができ、お客様から拍手や声援をいただくことができました。
 二日目は一般公開でした。今回のテーマ「笑顔満祭」に合わせて、どの科、部活、クラスとも頑張って相農祭を盛り上げることができました。農業高校らしく、農産物販売や、農業に関する展示、イベントも多く、多くのお客様に楽しんでいただくことができました。二年後の文化祭に向けて、さらに充実したものとなるよう取り組んでいきたいと思います。

◎芸能発表


◎相農祭(一般公開)


【テレビ出演予告】みんなで未来をつくろうTV

 先日、授業および取材が行われた「みんなで未来をつくろう教室」の放送日程が決まりましたのでお知らせいたします。

 放送日:10月29日(土)16:25~16:55
 放送局:福島中央テレビ(FCT)
 番組名:みんなで未来をつくろうTV

 是非ご覧ください。

※授業の様子(9月3日)はこちら

【ラジオ出演予告】おはよう南相馬

 南相馬ひばりエフエムでの放送日程が決まりましたので、お知らせいたします。「おはよう南相馬」内の「話してみよう聞いてみよう」のコーナーにおいて、本校生徒が出演します。文化祭の予告等を「生放送」で行いますので、是非ご視聴ください。期日は以下の通りです。

 日 時:10月25日(火)9:00~
 放送局:
南相馬ひばりエフエム(87.0MHz)
 番組名:おはよう南相馬(話してみよう、聞いてみよう)
 出演は9:15頃

修学旅行in関西④

 修学旅行の最終日はUSJに行きました。アトラクションを体験したり、買い物をしたり、それぞれ良い思い出を作ることができました。
 伊丹空港から仙台空港へ、無事に到着することができました。怪我や病気などの大きなトラブルもなく、良い修学旅行になったと思います。
 今回の経験を生かし、今後の高校生活も頑張っていきたいと思います。

修学旅行in関西③

 修学旅行三日目は奈良方面と姫路城でした。夜に降っていた雨も止み、今日は快晴の修学旅行日和となりました。東大寺の大仏や奈良公園、法隆寺などを回り、バスガイドさんよりいろいろなことを教えていただきながら回りました。また、世界文化遺産の姫路城は青い空に白く輝いて、とても美しかったです。
 明日はUSJに行き、その後、南相馬へ帰ります。

修学旅行in関西②

 修学旅行二日目は、班別自主研修でした。それぞれの班が議論を重ね、一生懸命選定した場所を回りました。歴史ある京都をまわり、理解を深めてきたようです。台風の影響も心配されましたが、15時まで雨も降らず天気も味方し、楽しんできた様子でした。
 明日は奈良方面、そして姫路城へ向かいます。

遠足

 二学年が修学旅行へ行っている間、一、三学年は遠足に行きました。一年生は八木山ベニーランド、三年生は仙台うみの杜水族館に行きました。天候にも恵まれ、穏やかな遠足日和となりました。三年生は班別研修も行い、お昼には仙台名物の牛タンを食べるなど、思い思いに過ごしたようです。

修学旅行in関西①

 今年度の修学旅行は本日から10月7日までの3泊4日、関西方面へ向かっています。修学旅行団も無事に京都に到着し、嵐山、伏見稲荷大社、清水寺を見学しました。こちらとは違う景色や文化をしっかり学ぶとともに、集団生活の中で友人関係を深めていきたいと思います。
 明日は京都市内の班別自主研修です。

交通安全講話

 南相馬警察署 交通課の方を講師にお招きし、交通安全講話を実施いたしました。近年増えている自転車の加害事故や、改正された道路交通法について詳しく解説していただきました。また、自転車シミュレーターを用いた実技にも挑戦し、徐行や一旦停止、物陰からの飛び出しに注意するなど様々な注意点を教えていただきました。被害者、そして加害者にならないよう、安全に注意しながら登下校したいと思いました。

放射線講習会

 9月12日(月)3・4校時に、本校食品科学科の生徒を対象に、放射線に関する講演会が行われました。講師に福島県立医療大学の反町先生をお迎えし、放射線の怖さ、医療の現場での利用方法などを講演いただきました。放射線は悪いものというイメージがあった生徒も、正しい放射線の知識や、放射線の良い利用方法について理解を深めることができたようでした。

いたふく2016

 「福島県最大級の食の祭典『いたふく2016』おいしいふくしま、いただきます!フェスティバル」に参加し、本校の商品を販売しました。ビッグパレットふくしまで行われたフェスティバルには、県内外からたくさんの企業や学校がブースを出して、賑やかに開催されました。お笑いライブに登場したお笑いコンビ「テツandトモ」さんが本校のイチゴジャムとラクピス、マドレーヌを試食して、「君たちが作ったの?おいしいね」と絶賛してくれました。持参した商品は全て完売しました。ありがとうございました。

第4回相農ショップ

 第4回の相農ショップは天気に恵まれ、50名以上の来客がありました。
食品科学科2年生食品流通コースの生徒8名が店頭に立って、販売実習を行いました。商品には食品製造コースの生徒が作ったあんパンやがんづき、食品科学科3年生と1年生が作ったラクピスやみそ、生産環境科の生徒が育てたピーマン、茄子、ジャガイモなどが並びました。「みそがおいしくて!」「ネギはないの?甘くておいしいのよね」と相農ファンのお客様が生徒に声をかけてくださり、生徒達も元気に販売実習を行いました。次回相農ショップは9月30日(金)です。10月29日(土)、30日(日)開催の文化祭でも商品を販売します。どうぞお楽しみに。

二学期始業式

 二学期が始まりました。怪我や事故もなく無事に登校できて、良かったと思います。部活動や進路など、休む暇もないくらい一生懸命活動した皆さんもいたようですが、これから一番長い学期となりますので、体調管理をしながら、さらに頑張ってもらえればと思います。この時期の過ごし方で、いろいろなことが大きく変わるといっても過言ではありません。しっかり目標を持ち、高校生活を充実したものにできればと思います。

苗生産企業見学

 川俣町にあるベルグ福島にて、見学をさせていただきました。播種から育苗まで徹底管理されており、広大な敷地でたくさんの苗が生産されていました。接ぎ木の様子や学校にはない設備などを間近で見ることができ、大変勉強になりました。

中学生体験学習

 中学生に対する学校説明会並びに体験学習が、実施されました。体育館で行われた全体会では校長あいさつのほか、本校生徒による学科案内、農業クラブ紹介が行われました。その後は各学科に分かれて体験学習を行いました。学科の特色をきちんと理解し、入学していただければ幸いです。

一学期終業式

 一学期終了に伴い、表彰伝達式および終業式が行われました。4月から一生懸命取り組んできた成果がこのような形になると、今後の励みになります。終業式の中では命を大切にし、夏休み明けには全員が元気で登校できるようにとの話がありました。交通事故、水難事故などに十分気を付け、有意義な夏季休業にしていただければと思います。

薬物・防犯講話

 南相馬警察署の方をお招きし、薬物に関する講話を聞きました。薬物を利用するとどうなってしまうのか、DVDを見せていただき薬物の怖さを改めて感じることができました。近年では「脱法ハーブ」が問題になっており、甘い言葉に誘われず、絶対に手を出さないなど、注意点を教えていただきました。
 また、本校職員より携帯電話やSNSに関する講話も併せて行われ、情報利用の大切さと同時に、間違った利用の怖さをについて話がありました。相手が見えないからこそ守らなければならないルールとマナーを今一度考え、適切な利用をできればと思います。

夏季校内球技大会終了!

 今年度から夏冬2回開催(1回1日)となった校内球技大会の夏季大会が、終了しました。夏期の種目は、男子がグラウンドでフットサル、女子が体育館でバレーボールでした。クラスTシャツを作ったり、チームで小物を統一したりと様々な工夫をしながら一丸となって競技に臨む生徒たちの姿が見られました。また、自分のクラス以外を応援する生徒も多く、学校全体としての一体感が強まりました。優勝は、フットサルが環境緑地科三年Aチーム、バレーボールが食品科学科1年Aチームでした。冬季の種目は男女ともバスケットボールです。生徒の皆さんの更なる躍進と団結力に期待したいと思います。

第3回相農ショップ大盛況

 7月14日(木)の14:00から、今年度3回目の相農ショップを2年生の流通コースの生徒が中心となって開店しました。天候にも恵まれ、59名の地域の方々や父兄の方々に来店頂き、大盛況でした。全商品完売という、すごい一日となりました。

企業説明会

 相双地方の企業さんを中心に、23社をお招きし企業説明会を行いました。生徒はそれぞれ自分の就職を希望する企業ブースを訪れ、会社説明を聞いた後、質問などを行っていました。しっかり話を聞いて、就職する際のミスマッチをなくし、これを機に地元で活躍する生徒が増えれば良いと思います。

野球応援!

 相馬農業、双葉、新地の相双連合チームが、開成山球場で行われた夏の大会に出場し、安達高校と対戦しました。各学校からも応援団が駆けつけ、雨の降る中一生懸命応援をしました。試合には負けてしまいましたが、選手、応援ともに全力投球することができました。

キャリアガイダンス⑥

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回の内容は「求人票の見方」で、どのような点に着目して求人票を見るのか教えていただきました。給料だけではなく、勤務地や福利厚生、休日など、自分自身がどのような点に注目し仕事を選ぶのかを考えました。求人票も公開されたのでよく検討を行い、進路実現に向けて頑張りましょう。

芸術鑑賞会を終えて

 6月30日、中間テストの最終日、テストから解放された穏やかな空気の中、公演は始まりました。今年の演目は「中国太陽芸術団」によるいわゆる中国雑伎です。
 最初の女性の演技は、皿を何本も回したまま体をねじったり、裏返ったりと同じ人間とは思えないしなやかで美しい動きでした。二人目は、たくましい男性のカンフー演技でした。大きく張り出した筋肉、気合いをこめた表情、素早い動きで槍などを使った迫力の演技でした。生徒や先生も参加して、楽しい演技でした。最後は、大きな鞭を使う男性の登場です。3メートルはあろうかと思われる、太く大きな鞭を使って(それも目隠しで)生徒の代表が持っている花の花弁のところだけを打ち落とします。ちょっと間違えると生徒にあたってしまう鞭の動きは、ゾクゾクするスリルがありました。ラストは、椅子を十個以上積み重ねた上でのパフォーマンスです。体育館の天井に付きそうなほどの高さで、バランスをとり様々なポーズをとり喝采を浴びました。

消防避難訓練

 今年度第一回目の消防避難訓練が行われました。火災を想定し、体育館への避難を行いました。どのクラスも迅速に行動することができました。「万が一に備えて訓練をすることの大切さ」「外出先でも非常口などを意識して行動する必要性」など、普段からの心がけが大切であることが講評の中で述べられました。
 また、火災の出火原因についても考え、未然に防ぐための手立てについて全校生で考えることができました。

県総体選手壮行会

 県総体、高校野球選手権、農業クラブ技術競技の選手壮行会が行われました。それぞれ地区予選を勝ち抜いた柔道や相撲部などの選手が、壇上に並びました。学友会長、校長先生より応援のメッセージが伝えられたほか、各部活動より意気込みが述べられました。一試合でも多く勝ち進められるように、日ごろの練習成果を出して頑張ってください。

PTA進路研修

 PTA進路委員会の保護者の方とともに、地元企業の見学研修を行いました。今回は成田食品株式会社、ソマ株式会社、明治商工株式会社の三社を訪問させていただき、事業内容の説明を受けたほか、事業所内の見学をさせていただきました。実際に見学をさせていただくことで会社の様子を感じられたほか、どのような生徒を採用したいかなどのお話を聞くことができ、進路活動に臨む際の参考になる点などを、知ることができました。
 

学校開放講座1

 「かんたん!水耕栽培」と題して、今年度第一回目となる学校開放講座が行われました。ひばりが原農場の実験室で行われた開放講座には12名が参加され、水耕栽培の仕組みや利点、欠点などを学びました。教員だけでなく、生徒も先生として受講者の皆さんに教え、少々緊張しながらも熱心に取り組むことができました。植物栽培に必要な試薬を溶かしたり、播種を行ったりと皆さんで実習にも取り組みました。水耕栽培を通して農業を身近に感じてもらえればと思います。

進学就職保護者説明会

 進学希望者を対象とした保護者会を22日に、就職者を対象とした保護者会が本日行われました。それぞれ、外部より講師の先生をお招きし、進学・就職を行うまでに必要な知識を教えていただいたほか、本校職員より進路を決定するまでの流れについて説明がありました。手順や期日をしっかり守り、より良い進路活動ができるように頑張ってもらえればと思います。

キャリアガイダンス⑤

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回の内容は「仕事の条件を洗い出そう」で、自分が就職するときにどの点に着目して仕事を選ぶのかを考えました。給料なのか休みなのか、やりがいなのかと色々考えながらどのような条件の会社を志望したいか考えました。今回教わったことを来週公開される求人票を見る際の参考にしていきたいと思います。

地元企業バスツアー

 一年生が地元企業バスツアーに参加させていただき、製造業の会社を見学させていただきました。実際に作ってい製品や工場内の様子、社員の方の働いている姿や雰囲気を体験させていただきました。初めて見るものが多くあり、驚きの連続だったようです。今後学んだことを自分の進路に生かしていきましょう。

2学年進路ガイダンス

 (株)ライセンスアカデミーの工藤 慧さんにお越しいただき、進路ガイダンスを行いました。5校時目に武道場でグループに分かれ、職業が書かれたカードを仕事の内容と照らし合わせるゲームを行いました。6校時目には進路の講演会を行い、高校生を取り巻く進路状況と高校生活についてお話を伺いました。生徒たちは知らない職業がたくさんあることに驚き、「いい結果を出したいなら、いい準備をしなさい」という工藤さんの言葉に感銘を受けたようでした。

キャリアガイダンス④

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回は「面接を成功させよう」で、来週から始まる模擬面接に向けての基本的な動作を教わりました。人は第一印象が大切であることなどを改めて考えながら、臨むことができました。進学、就職に向けて、日々の生活の中でも実践していければと思います。

ツーロック運動

 学友会役員と交通安全理事会が中心となり、南相馬警察署の方とともに自転車のツーロック運動が行われました。普段から自転車には2つの鍵をかけ、盗難防止に努めてほしいと呼びかけを行いました。

校内農業鑑定競技

 農業鑑定競技の校内予選が、行われました。今まで学んできた農業に関する知識や技術をしっかり発揮しようと、20秒に掛ける真剣な思いがひしひしと感じられる時間となりました。県大会、そして全国大会を目指して、一生懸命頑張ってください。

キャリアガイダンス③

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回は「自己PRを考える」で、自分のよいところはどこか、自分の売りはどこかを一生懸命考えました。そして、100文字、200文字、300文字で表すにはどのようにすれば良いのかを真剣に考える姿がみられました。今後の進路活動にしっかり生かしていきましょう。

熊本募金

 学友会とボランティアクラブが協力して、熊本地震に対する募金活動を行いました。学友会役員やクラブ員が各クラスにまわり、募金の呼びかけを行いました。東日本大震災で大きな被害を受けた際、私たちは全国からたくさんの支援をいただきました。その恩返しの気持ちを持ち、一人一人が募金活動に取り組んでいました。募金いただいたお金は、日本赤十字社を通じて届けさせていただきます。

選手壮行会

 福島県高等学校体育大会 県大会の選手壮行会が,、行われました。それぞれ地区予選を勝ち抜いた馬術部や陸上部など8つの部活動の選手が、壇上に並びました。学友会より応援のメッセージが伝えられたほか、各部活動より目標が述べられました。一試合でも多く勝ち進められるように、日ごろの練習成果を出して頑張ってください。

ひばりが原農場 農産物販売会

 本校ひばりが原農場において、農産物販売会が実施されました。生徒たちが一生懸命育てたカーネーション、草花苗、野菜苗、作物苗を、多くの地域の皆さんに買っていただくことができ、生徒も説明や会計などの業務を通して販売の大切さを学ぶことができました。地域の農業高校として、これからも一生懸命取り組んでいければと思います。

学友会総会

 各クラスのホームルーム長任命式が行われたのち、学友会総会が行われました。昨年度の行事、決算報告の承認が行われたあと、今年度の行事計画、予算案の承認が行われました。どの生徒も真剣に資料へ目を通し、質問や要望も出され、学友会活動を活発にさせていこうという意気込みが感じられました。

キャリアガイダンス②

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回は「自分のいいところ探し」で、まず自分の性格を分析を行いました。他にもグループワークを行い、他人から自分がどのように見られているのかを考えていました。普段の何気ない行動が評価されたり、自分が気づかない意外な点が他人から評価されていたりと、新たな一面を探し出すことができ、今後の自分自身に参考になるガイダンスとなりました。

PTA総会

 1,2学年はクラス別授業参観、3学年は進路講演会が行われたのちに、PTA総会が実施されました。多くの保護者の皆様にご来校いただき、昨年度の行事・決算報告、今年度の行事・予算案の決議を行いました。また、総会終了後にはプレ相農ショップが開催され、生徒の皆さんが一生懸命手掛けた学校の農産物品・加工品の購入をしていただくことができました。
 なお、5月10日(火)16:00よりPTA総会補会が開催されますので、出欠表の確認と、総会に参加できなかった保護者様の参加をお待ちしております。

キャリアガイダンス

 就職支援員の先生による、キャリアガイダンスが行われました。今回はお金の話で、実際にもらったお給料からどのような支出が毎月必要なのかを考えました。光熱費や通信費はもちろんのこと、車の維持費や交際費など生活するうえではいろいろな支出があることを知り、納得しながら授業に臨んでいました。

子牛誕生!

 4月16日の未明に、子牛が誕生しました。生まれたばかりにも関わらず、自分の足でしっかりと立ち上がっていました。母牛も初産でしたが一生懸命頑張り、生まれたての我が子を見つめていました。

部活動紹介

 新入生に対して、各部活動の先輩たちから部紹介が行われました。運動系、文科系の部活がそれぞれの活動内容を紹介し、技を見せ、後輩たちの心をつかんでいました。積極的に部活動へ参加し、各種大会への出場や入賞が増え、学校全体が盛り上がっていければ嬉しく思います。

対面式

 新入生が入学し、本日、先輩方との対面式が行われました。学友会長と新入生がそれぞれ代表で挨拶したほか、学友会役員の紹介、校歌の紹介等を行い、新入生を迎え入れました。お互いに節度をある行動をとりつつ、仲よく、そして活発に学校生活を送っていただければと思います。

祝!入学

 さくら咲き、青空澄み渡る天候の中、平成28年度 入学式が挙行されました。これから始まる三年間の高校生活に期待と不安を抱きながら、新入生88名が入学許可されました。しっかり目標を持ち、三年後を見据えて行動し、充実した高校生活を送っていただければと思います。

着任式・始業式

 この度の人事異動に伴い、新たに19名の先生方をお迎えしました。授業や部活など、様々な場面でお世話になります。よろしくお願いいたします。
 また、始業式が行われ、本日より新学期が始まりました。自分の発言と行動にしっかり責任を持ち、有意義な学校生活を送っていただければと思います。

先生、ありがとう!

 離任式が行われ、この度の人事異動で転退職されることとなった先生方よりご挨拶をいただきました。本校での思い出や、これからの相農生に期待することなど、先生方からの心こもったお話を受け、在校生、卒業生ともに思いを新たにしていました。残された私たちも、転勤される先生方も不安でいっぱいだと思いますが、新天地での活躍を期待しております。
 

相農 さくら開花宣言

 先週あたりから少しずつ膨らみ始めた桜のつぼみが、今朝、とうとう開花しました。四月上旬には満開となり、温かい日差しの中、新入生を迎えられることを期待して、見守っていきたいと思います。

三学期終了!

 三学期終業式が終了しました。皆さんはこの一年間でどのようなことができるようになりましたでしょうか?どのようなことに感動したでしょうか?しっかり一年間を振り返り、進級に向けての自覚を持って春休みを過ごし、4月8日の始業式に元気な姿で登校してください

教室移動

 新学期に備え、教室移動を行いました。それぞれの教室をきれいにし、新たな教室へ荷物を運び入れると、気分もなんだか上級生になったように感じられるのが不思議です。新入生を迎える準備も整いつつあり、新たな体制でスタートするのもあと少しです。

二学年 進路ガイダンス

 大学、専門学校の先生方を講師にお招きし、二学年の進路ガイダンスを行いました。進学や就職など、それぞれの希望進路を実現するためにはどのようにすればよいのかを講師の先生よりお聞きし、これからの進路活動に役立てようとメモを取る姿が見られました。自己の進路実現に向けて頑張ってもらえればと思います。

水耕トマト定植!

 ひばりが原農場温室のパッシブ水耕の準備が整い、トマトの苗を定植しました。春から夏まで、甘く熟したトマトを地域の皆さんに提供できるように、しっかり管理を行っていきたいと思います。販売については、今後ホームページでお知らせできればと思います。

合格発表

 平成28年度 Ⅰ期、Ⅱ期入学者選抜の合格発表が行われました。小雨ふる中、真剣に自分の番号を探し出す姿が見られ、合格者は喜びに満ち溢れていました。合格者に対する入学者オリエンテーションは3月25日です。

「50ボイス」出演のお知らせ

 先日取材が行われた「あなたが主役50ボイス」の放送日程が決まりましたのでお知らせいたします。

 NHK総合テレビ 震災特集「明日へ」の番組内
 平成28年3月13日(日)10:05~11:15にて放送予定です。

 是非ご覧ください。

祝!卒業

 第68回 卒業証書授与式が挙行されました。88名の卒業生が、三年間の思い出を胸に、しっかりとした姿で式に臨みました。担任の先生の呼名に一所懸命応え、卒業証書を受け取る姿に胸が打たれました。朝方は雪となり、三年生との別れを惜しんでいるようでした。しっかり本校で学んだことを生かし、社会で活躍してください。

































 
 卒業式の後のホームルームでは、どのクラスもさらに感動的な一面が繰り広げられていました。

表彰・褒賞授与式

 明日の卒業式に先立ち、表彰式・褒賞授与式が行われました。高校三年間の努力した成果として行われ、皆勤・精勤や功労賞、外部団体などから表彰されました。多くの生徒が該当となり、後輩に対しても先輩としてより良い姿を見せることができました。

「ふるさとの食 にっぽんの食」事前取材

 3月12日(土)・13日(日)に東京・渋谷のNHK放送センターで行われる「ふるさとの食 にっぽんの食」イベントに食品科学科1年生2名が参加します。当日は、会場のメインステージで夏に参加した「超食パラダイス」の春バージョン「福島産の原料で作ったスパニッシュオムレツ」のプレゼンをします。
 2月24日(水)にそのための事前取材を受けました。その様子をお知らせ致します。

一学年進路ガイダンス

 本日5、6校時に、県内外より11団体に御参加いただき、進路ガイダンスを実施しました。生徒たちは、福祉、保健、調理・製菓、理美容、自動車、建築などの中から希望する分野を2つ選んで、各教室で話を聞きました。その職業の一日のスケジュールや待遇、労働環境、必要な資格、求められる人材、高校生活にやっておくべきことなどについてその道を知るプロから話を伺い、生徒たちの表情も真剣そのものでした。職業を見据えた進路決定に向けての心構えと、準備ができたようです。

列車避難訓練に参加して

 日頃より生徒がお世話になっているJR常磐線で、東日本大震災を想定した列車避難訓練が実施され、本校生徒が利用客の立場で参加させていただきました。大きな揺れがあり、大津波警報が発令されたという想定で列車が緊急停止し、状況の把握が行われました。怪我の有無などが確認された後、乗務員さんの指示に従い列車から降り、避難場所へと移動しました。
 訓練を通して避難手順を確認できたほか、鉄道会社と警察、消防等の関係機関との連携がどのように行われるかを知ることができ、学校としても通学時における安全対策など、とても勉強になりました。また意見交換会も行われ、生徒も普段利用している立場からの反省を話していました。
 緊急事態は無いに越したことはないですが、いつどのような状態でこのような事態に遭遇するかわからないことを肝に銘じ、学校や家庭、友人等の会話の中で、避難訓練の内容をフィードバックさせていきたいと強く感じました。

第7回課題研究発表会

 第7回課題研究発表会が南相馬市情報交流センター マルチメディアホールで行われました。三年生が研究してきた課題研究の内容を、各科代表一題ずつ発表したほか、企業との共同研究の成果、農業クラブの一年間の取り組みについても発表しました。30名を超える多くの企業様、地域の皆様に観覧いただくことができ、発表した生徒たちにとっても大変良い勉強の機会となりました。

高速道路安全利用講話

 NEXCO東日本の方を講師にお招きし、三学年を対象として高速道路の安全な利用についての講話をいただきました。その中で、シートベルトの重要性や、トンネル出入り口の事故の危険性などをお話しいただきました。また、発煙筒や三角表示板の利用意義と使用方法を教えていただくとともに、事故が起きた際の対処方法や、旗振りの実演を見て安全走行に関する思いを新たにしました。卒業を間近に控え、自動車学校に通っている生徒も多く、自らが運転することによる責任の重さも改めて感じているようでした。

第7回課題研究発表会のお知らせ

 平成28年2月17日(水)に南相馬市民情報交流センターにおいて、第7回課題研究発表会が行われます。三年生がテーマを設定し、三年間学び、一生懸命研究に取り組んできた集大成を発表いたしますので、多くの皆様に是非ご覧いただければと思います。

日時:平成28年2月17日(水) 14:30~15:50
場所:南相馬市民情報交流センター(マルチメディアホール) 

進路講演会

 マイナビの前原様を講師に、進路講演会を行いました。就職や進学を行う際にどのような点に着目し進路活動を行うべきか、ワークショップを交えて教えていただいたほか、今後の高校生活の在り方についてもお話しいただきました。広い視野を持ち、今後の学校生活を充実させ、進路活動に力を入れていきたいと決意しました。

民俗芸能発表会

 2月7日、日曜日にゆめはっとで行われた第10回南相馬市民俗芸能発表会で本校の御神楽部が発表しました。卒業を間近に控えた3年生を含め、生徒27名で若さあふれる舞を披露しました。発表会のトリには、生徒達の師匠である鹿島区南柚木の御神楽が舞いました。師匠達の舞を生で見た生徒達は、その美しさと迫力に大変感銘を受けたようです。伝統を受け継いでいくことの大切さを肌で感じた一日でした。

働き方ワークショップ

 一学年を対象として、ライセンスアカデミーの羽根田建志郎さんに働き方・収入に関する講話とワークショップをしていただきました。生徒達がグループ内で正社員(大卒・高卒)とフリーター(30才までフリーター・一生フリーター)とに別れてさいころをふり、社会人となってから年金生活を送るまでをシュミレーションしながら駒を動かしました。「あ~保険に入っておけばよかった~」「教育費高い!!」。生徒達は、ゲームを楽しみながら大切なことに気づいたようです。

番組取材「50ボイス」

 NHKで放送されている「あなたが主役50ボイス」の取材が行われました。その中で今まで取り組んできたことや、これからの夢について答えていました。放送詳細が決まり次第、再度お知らせいたします。

しごとメッセin南相馬

 高校生しごとメッセin南相馬が、原町生涯学習センターを会場に行われました。働くことについての講演会が行われたほか、実際に地元で頑張っている先輩方とのトークセッションが行われ、進路について考えるきっかけとなりました。また、企業説明会ではそれぞれの企業様より業務内容の説明や求めたい人物像などを聞き、理解を深めることができました。

生産環境科 卒論発表会

 生産環境科の卒業論文発表会が行われました。三年間の実習の中で取り組んだ疑問点などを調査し、得られた結果を一人一人がプレゼンしました。1、2年生も先輩の話を真剣に聞き、来年度以降どのような研究を行うべきかを考えながら臨む姿が見られました。

食品科学科 卒論発表会

 本日、1校時~5校時に食品科学科の3年生29名が、1年間取り組んできた課題研究の発表会を行いました。相農ショップの新製品や、栄養成分を変えた加工品の成分変化などについての発表がありました。全員が4分間の発表と3分間の質疑応答を行い、緊張感の漂う有意義な発表会になりました。1・2年生も1時間ずつ発表を見学し、今後の自分の課題研究の参考になったことと思います。    

洋菓子製造講習

 食品科学科2年生製造コース選択生が、本格的「シュークリーム」を製造しました。
 2校時目に原材料の計量を行い、3校時以降は宮城調理製菓専門学校の先生を講師にお迎えして、本格的なシュークリームを製造しました。
 技術的には大変な作業もありましたが、一人8個ずつのお持ち帰りとなり、生徒全員ニコニコで実習を終えることが出来ました。楽しい1日になりました。

三学期始業式

 冬季休業も終了し、本日より3学期がスタートしました。年の初めであるこの時期は、一年の目標を立てるうえでとても良い機会です。自分の進路の方向性をしっかり考え、夢の実現に向かって頑張ってください。

門松!

 環境緑地科で門松を作り、正面玄関に飾りました。本年もお世話になりました。来年も相馬農業高等学校をよろしくお願いいたします。

冬季リーダー研修会

 立子山自然の家を会場に、農業クラブ冬季リーダー研修会を行いました。どのようにコミュニケーションとると相手にうまく伝わるかを考えたほか、リーダーの資質について学びました。また、今後の農業クラブ活動をどのように活性化すべきか話し合いを行い、どのような手立てがあるかを発表しあいました。来年度は県連事務局となるため、しっかり運営ができるよう、研修の成果を活かしていきたいと思います。

小高について語ろう

 2016年4月に帰還が予定されている南相馬市小高区を、今後どんな地域にしていきたいか高校生の目線で考えるワークショップに参加しました。みんなが立ち寄れる拠点づくりや、美化活動を行うにはどうすればよいかなど、実行できそうな活動について考えました。駅前でもちつき大会が行われたほか、バイオディーゼル燃料を利用したイルミネーション点灯式も行われ、心温まるイベントとなりました。

二学期終業式

 二学期の終業式が、行われました。長い二学期でしたが、進路活動や各種行事などもあり、あっという間に過ぎてしまったと感じた人も多かったのではないでしょうか?自分自身が成長できた部分はどこかを改めて考えるとともに、三学期もしっかり励めるよう冬季休業を有効に利用して行動して下さい。

球技大会(二日目)

 球技大会、二日目の試合が行われました。昨日のフットサル、バスケットボールに加え、本日はバレーボールの試合も行われ、クラス一致団結して競技に臨んでいました。最終試合が終わった後、バスケットボールで優勝チームした3年2組と教員チームとのエキシビジョンマッチも行われ、全校生が注目する中、楽しい試合展開で大変盛り上がりました。

球技大会(一日目)

 球技大会、一日目の試合が行われました。どのクラスも体育の授業での練習成果を十分に発揮し、真剣に試合に取り組んでいました。明日は決勝リーグの試合が行われます。

商品作りについて

 地域に貢献できる人づくりプロジェクトの一環として、JAそうま営農経済部直販課の米津様を講師に、6次化商品開発についてのお話をいただきました。ターゲットを絞った商品開発、ブランド化による付加価値についてなどを教えていただきました。今後、私たちも商品開発を考える際にとても役に立つお話で、大変勉強になりました。

バイオマス勉強会

 地域のエネルギー問題について考える「バイオマス勉強会」に、参加しました。大学の先生による実践事例などをお伺いしたほか、私たちが取り組んだバイオガスの発生についての実験も紹介しました。また、ワークショップではバイオガスで南相馬をどのようにしていきたいかを考え、熱い思いを発表しあいました。

「みんなDE笑顔プロジェクト」で発表!

 東京農業大学 世田谷キャンパスで行われた、全国農業協同組合中央会主催「全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト」全国大会に参加し、発表してきました。この地域における問題点や、これからの地域農業のあり方について提案をしました。また、全国から集まった参加者の皆さんとの交流を通じて、元気を発信するとともに、今後の活動のあり方について考えることができました。

JAそうまより笑顔でプロジェクト激励

 本校農業クラブは生徒と引率教諭ら5人で、12月4日(金)JAそうまの今村秀実組合長を訪問し、「全国高校生みんなDE笑顔プロジェクト全国大会」の出場報告を行いました。今村組合長より「全国大会出場は地元のJAとして、とてもうれしい。被災地の中で活動している皆さんの元気プロジェクトを力いっぱい披露してきてほしい」と激励されました。農業クラブ会長の大内純菜さんは「期待に応えられるよう精いっぱい頑張ってきます」と元気に答えました。全国大会は、13日の日曜日に東京都内で9チームで行われます。

職業インタビュー

 一年生が職業インタビューを行いました。地域で事業を営んでいる企業の皆様に、どうしてこの職業に就こうと考えたのか、仕事をしている中での喜びは何か、などの質問を行い、職業観を広げることができました。今後の進路活動に、生かしていきたいと思いました。

フレッシュ農業ガイド講座

 福島県相双農林事務所主催のフレッシュ農業ガイド講座が行われ、地域で活躍する農業青年者の圃場を見学させていただきました。なぜ就農しようと考えたのか、農業を行っている上での喜びや苦労など様々なお話を聞くことができました。先輩方から授業や実習だけでは学ぶことのできない生の話を聞き、今後の農業を考える良いきっかけとなりました。