日誌

相馬農業高校

了解 【イノベ農業人材育成事業】7月より牛温恵運用開始!! 産まれた仔牛たちも順調に成育中!!

 福島イノベーション・コースト構想事業により、昨年度から畜産部門に導入された分娩監視装置「牛温恵」を、7月より運用開始しております。

 この「牛温恵」は、分娩予定前の膣内に体温センサーを装着することで、母体の体温変化をグラフ化、及び分娩前兆候の一つである体温の一定期間の低下を数値から読み取り、メールを送ることができる装置です。

 導入当初は、「メールがうまくこない」「体温センサーの挿入が大変」など課題がありました。

 しかし、3度目のトライであった「なみ号」での運用にて、はっきりとした温度監視グラフの変化と機器使用の要領を得ることができました。

体温変化グラフ

 

 また、日中に無事故分娩となり、元気な仔牛♂が順調に成長しております。

その際、貴重な分娩映像を撮影できるなど、今後の運用における活用方法の広がりを感じました。

 

「由希♂」です!よろしくね!