日誌

カテゴリ:学友会

エイズ防止啓発ボランティア

 南相馬のイオンスーパーセンターで行われた、エイズ防止の啓発ボランティアに参加してきました。今年のキャンペーンテーマは「知っていても、分かっていても AIDS IS NOT OVER」で、この現状を多くの人に知ってもらいたいと願い、資料を配布しました。今回のボランティア活動を通じてエイズに対する知識を深め、蔓延防止につながればよいと思いました。

学友会任命式

 先日行われた選挙で当選した、新学友会役員の皆さんに対する任命式が行われました。旧役員からの挨拶が行われた後、新役員が抱負を述べました。地域に愛される良い学校となるよう、役員を中心として、学校全体で頑張っていければと思います。

ミカンをいただきました!

 愛媛県立宇和高等学校の皆様より、今年もミカンをいただきました。早速、頂いたみかんを頬張り、期末テストで疲れた脳が、リフレッシュしていくのを感じました。教室には甘酸っぱい良い香りが漂っていました。
 皆様の温かいご支援、お心遣いに感謝申し上げます。

学友会立会演説会・選挙

 学友会の立会演説会と選挙が、行われました。どの候補者も今後の学校生活をよくするための抱負を述べ、有権者もそれに答えて真剣に選挙を行うことができました。即日開票され、立候補者全員が信任されました。

夏季校内球技大会終了!

 今年度から夏冬2回開催(1回1日)となった校内球技大会の夏季大会が、終了しました。夏期の種目は、男子がグラウンドでフットサル、女子が体育館でバレーボールでした。クラスTシャツを作ったり、チームで小物を統一したりと様々な工夫をしながら一丸となって競技に臨む生徒たちの姿が見られました。また、自分のクラス以外を応援する生徒も多く、学校全体としての一体感が強まりました。優勝は、フットサルが環境緑地科三年Aチーム、バレーボールが食品科学科1年Aチームでした。冬季の種目は男女ともバスケットボールです。生徒の皆さんの更なる躍進と団結力に期待したいと思います。

野球応援!

 相馬農業、双葉、新地の相双連合チームが、開成山球場で行われた夏の大会に出場し、安達高校と対戦しました。各学校からも応援団が駆けつけ、雨の降る中一生懸命応援をしました。試合には負けてしまいましたが、選手、応援ともに全力投球することができました。

ツーロック運動

 学友会役員と交通安全理事会が中心となり、南相馬警察署の方とともに自転車のツーロック運動が行われました。普段から自転車には2つの鍵をかけ、盗難防止に努めてほしいと呼びかけを行いました。

熊本募金

 学友会とボランティアクラブが協力して、熊本地震に対する募金活動を行いました。学友会役員やクラブ員が各クラスにまわり、募金の呼びかけを行いました。東日本大震災で大きな被害を受けた際、私たちは全国からたくさんの支援をいただきました。その恩返しの気持ちを持ち、一人一人が募金活動に取り組んでいました。募金いただいたお金は、日本赤十字社を通じて届けさせていただきます。

学友会総会

 各クラスのホームルーム長任命式が行われたのち、学友会総会が行われました。昨年度の行事、決算報告の承認が行われたあと、今年度の行事計画、予算案の承認が行われました。どの生徒も真剣に資料へ目を通し、質問や要望も出され、学友会活動を活発にさせていこうという意気込みが感じられました。

民俗芸能発表会

 2月7日、日曜日にゆめはっとで行われた第10回南相馬市民俗芸能発表会で本校の御神楽部が発表しました。卒業を間近に控えた3年生を含め、生徒27名で若さあふれる舞を披露しました。発表会のトリには、生徒達の師匠である鹿島区南柚木の御神楽が舞いました。師匠達の舞を生で見た生徒達は、その美しさと迫力に大変感銘を受けたようです。伝統を受け継いでいくことの大切さを肌で感じた一日でした。